遺産相続の問題を弁護士に依頼する意義について

遺産相続の問題を解決するためには法律の知識を有しておくことが不可欠であり、無用なトラブルを回避するためには弁護士の先生に問題解決を依頼する方法が様々なメディアにて推奨されております。また遺産相続の問題を解決する方法として弁護士の先生以外の専門家を紹介するメディアも存在しているのが事実ではあるのですが、対応範囲の広さからみても弁護士の先生に相談する方法がベストであるとされています。

具体的には司法書士や行政書士および税理士などが法律の専門家として名を連ねていることになるのですが、問題を調査及び解決できる範囲が限定的であり役不足となってしまう可能性を有しているのであります。例えば相続人の調査といった業務であればいずれの肩書であっても可能となるのですが、遺産の総額を調査したり相続人との直接的な交渉を行うことができるのは弁護士だけということになりますので、やはり弁護士に問題解決を依頼することが重要となるのであります。

また問題の解決を謳っている司法書士などが存在しているのも事実ではあるのですが、実際にこれらの問題を調査する場合にはパートナー弁護士に依頼をかけておりますし、このことからも直接的に弁護士事務所へ問題の解決を依頼した方が、問題を解決するための時間を短縮することが可能になると考えられているのであります。