激突遺産相続!俺の家だ!!

遺産相続における特例について

2016/10/15

遺産相続の問題についてなのですが、法律的な知識を有していないと損をしてしまう可能性が大きいと考えられています。具体的には遺産の相続について避けて通ることができない相続税問題に関してなのですが、軽減や特例および猶予といったものが存在していますので、これらに対する知識を深めておく必要があるのです。特に配偶者における相続税の軽減は大きなものがあり、具体的には1億6千万までの遺産に関して相続税の免除が用意されているのです。

もちろんこの免除規定を適用するためには被相続人の死亡から10カ月以内に遺産分割の協議が終了して、配偶者における相続額が確定している必要があります。ただし様々なトラブルなどにより遺産の分割協議が終了しないまま申告期限を迎えてしまった場合には、暫定的に申告を行って仮の相続額に基づいて相続税を納付しておき、後日分割協議が終了した時点で再び相続額を修正申告すれば差額を返してもらうことが可能であるとされています。

しかし注意しておかなければならないのは、この相続額の修正を行うことができるのは被相続人の死亡から3年以内とされており、この期間を経過してしまいますと修正申告が認められないことになってしまいます。それから小規模住宅地に関しての減税措置が存在しているのですが、これは被相続人が居住していた宅地などにおきまして、家族などが住み続ける場合には減税の措置が用意されているものなのであります。

最新記事