遺産相続の手続きや問題点について

遺産相続の手続きには様々なものがあり、またそれぞれ期限が設定されていますので、期限内に確実な申請や申告を済ませておく必要を有しています。ちなみに具体的な例を挙げていきますと、相続の放棄や相続限定承認などの手続きに関しては、被相続人の死亡から3カ月以内の申告が必要とされています。つまり3ヵ月を経過してしまいますと、相続の放棄を行うことができないということになり、被相続人が多額の借金を抱えていた場合には、その借金を相続人が背負わなければならないことになってしまうのであります。

また被相続人に対する所得税の確定申告が必要なケースが存在しており、これは死亡した年度における確定申告を被相続人に代わって相続人が行っておくものであり、このことで発生する所得税に関しては相続人が納税対象となることを認識する必要があるのです。ちなみにこの所得税のための確定申告は被相続人の死亡から4カ月以内とされており、所轄となる税務署への申告義務を忘れないようにしたいものなのであります。

それから重要視されているのが相続税の申告期限なのですが、これは被相続人の死亡から10カ月以内とされているものであり、当然申告を済ませるためには遺産の分割協議が完了している必要性を有しているのです。つまりいつまでも遺産の分割で兄弟間のトラブルが続いてしまいますと、想像税の申告期限を過ぎてしまう可能性があるのです。